歴史と現在

指輪の歴史を見ていきます。

指輪と言っても様々なものがありますが、その中でも、婚約の証である婚約指輪の歴史について、見ていきたいと思います。 古代ローマでは、婚約指輪として、飾りのない鉄の輪を贈ったということが、「博物誌」に書かれています。昔から指輪というものは、約束を確認するために大変重要なもので、中でも結婚の約束、つまり婚約はとても神聖なものであったため、婚約指輪には特別なものが使われていたようです。 指輪の裏に言葉を刻むことがよくなされますが、古代の婚約指輪にも、愛の言葉が刻まれたものがありました。紀元前400年頃の婚約指輪に、刻まれた言葉が確認されています。 その後、金やダイヤが使われるようになり、様々なデザインやモチーフの指輪が作られるようになりました。

指輪をプロポーズの後に買いに行くカップルもいます。

最近では、結婚する際に、婚約指輪は贈らないカップルも多いようです。また、贈るとしても、結婚指輪も重ね付けして使用できるようなデザインのものを選ぶなど、形式上や儀式の上だけの物ではなく、実用性のあるもの、今後使えるものとして婚約指輪を選ぶカップルも多くいます。 婚約指輪とは、そもそも男性が結婚を決意した際に、女性に贈るもので、そういった意味でも、華やかなデザインのものが選ばれていましたが、最近ではプロポーズした後、一緒に婚約指輪を買いに行くカップルも増えているようです。指輪を渡して、プロポーズ、というシーンも、今ではもう古いのかもしれません。 このように、最近では指輪に関しても決まった形式はなく、カップルがそれぞれの考えで、それぞれのタイミングで指輪を用意しています。今後もこういった傾向は続くでしょう。