華やかな指輪

婚約指輪は女性の憧れのもの

愛する人とこの先も一緒にいたい、暮らしたい、結婚したいと思ったらプロポーズを考えるのは自然なことであるはずです。さらにプロポーズといえばいつの頃からか婚約指輪を添えるのがセオリーとなっていて、これに憧れを抱いている女性は多いかと思います。給料三か月分、昔はそんなフレーズも流行りましたし、ジュエリーショップもフレーズにのっかり、大掛かりなフェアが開催されたものです。あくまで昔の話で今は少し状況が違ってきていて、給料三か月分に拘る人は少なくなってきていますが、それでもプロポーズする時に婚約指輪を添えたいと考える人は未だに多くいて、それゆえにどれを買ったらいいのか頭を悩ませ、堂々巡りとなることも多かったりします。

三か月分に拘る必要はないです

そもそも婚約指輪とは結婚指輪ほどに必要としているものではなく、最近では結納が省略されてきたのと同様に、婚約指輪もスルーするカップルが増えてきています。それでも女性にとって憧れなのは、結婚指輪が日常的に嵌めるものゆえシンプルなデザインになるのに対して、婚約指輪は一般的にジュエリーの付いた華やかなものであるからというのが理由です。現金かもしれませんが、単なるプレゼントではなくプロポーズの際にというオプションが夢を膨らませているのです。 そんな憧れの婚約指輪ですので、サプライズで購入する際は事前に相手の好みをリサーチして、ショップ店員などにしっかりと相談して買うことを勧めます。ただすべては気持ちがこもっていることが重要となってくるのです。 相談して、